海釣り、釣り、宮城、福島、いちご狩り、潮干狩り、海水浴、ぶどう狩り、芋煮会、 レジャー情報ならココ! 釣り.COM(宮城・福島)

東北| 釣り.COM| 釣りcom| 釣り.com| 釣り.com| 宮城 釣り| 仙台 釣り| 相馬 釣り| 宮城県 釣り情報| 釣り 福島| 仙台港 釣り| 宮城釣り| 宮城県 釣り| 相馬港釣り情報| 宮城の釣り| 仙台釣り情報| ハゼ釣り 宮城| 相馬釣り| 相馬港 釣り| つり情報 宮城| 相馬の沖つり| 石巻 釣り| 釣り 閖上| 釣り宮城| 仙台 釣り情報| 海釣り 宮城| 海釣り 福島| 釣り.COM(宮城・福島)トップページ ハゼ釣り 宮城県| 海釣り 福島県| 仙台港 釣り情報| 釣情報 福島県| 福島釣り情報| 相馬港 釣り情報| 宮城県 釣り船 釣果| 宮城つり情報| 宮城の海釣り| 相馬 釣り情報| 仙台新港 南防波堤| 仙台新港 釣り| 宮城つり| 宮城サビキ釣り| 宮城県 渓流釣り| つり情報 仙台| 宮城の釣り情報| 宮城 情報 釣り| 宮城県釣り情報| 仙台 南防波堤| 釣り情報 福島県| 海釣り 宮城県| 宮城 釣り 防波堤| 宮城のつり| 仙台港釣り情報|
釣り.COM(宮城・福島) 一目千本桜 大河原 潮干狩り(宮城・福島) 海水浴(宮城・福島)
釣り.COM(宮城・福島)トップページに戻る
釣り.COM(宮城・福島)トップページに戻る
目次
>> 1月の釣り情報!
>> 2月の釣り情報!
>> 3月の釣り情報!
>> 4月の釣り情報!
>> 5月の釣り情報!
>> 6月の釣り情報!
>> 7月の釣り情報!
>> 8月の釣り情報!
>> 9月の釣り情報!
>>10月の釣り情報!
>>11月の釣り情報!
>>12月の釣り情報!
>>宮城の釣船情報T
>>宮城の釣船情報U
>>福島の釣船情報!
>>鮎釣り情報!
>>釣堀り情報!
>>リンク!
Yahoo! JAPAN
YAHOO登録サイト
YAHOOオークション
Google
GOOGL登録サイト
沿岸掃除隊協賛サイト
海をきれいに一日一善
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
▽ 宮城県の宿 ▽

宮城県 > 【仙台】

宮城県 > 【松島・塩竈】

宮城県 > 【石巻・気仙沼】

宮城県 > 【鳴子・大崎】

宮城県 > 【栗原・登米】

宮城県 > 【白石・蔵王】

▽ 福島県の宿 ▽

福島県 > 【福島・二本松】

福島県 > 【相馬】

福島県>【裏磐梯・高原】

福島県>【猪苗代・表磐梯】
福島県 > 【会津】

福島県 > 【南会津】

福島県 > 【郡山】

福島県 > 【白河】

福島県 > 【いわき・双葉】

▽ 山形県の宿 ▽

山形県>【山形・天童・上山】
山形>【尾花沢・新庄・村山】
山形県>【寒河江・月山】

山形県> 【米沢・置賜】

山形県> 【酒田・鶴岡】

▽ 岩手県の宿 ▽

岩手県 > 【盛岡】

岩手>【安比・八幡平・二戸】
岩手県>【花巻・北上・遠野】
岩手県>【三陸海岸】

岩手>【奥州・平泉・一関】

▽ 秋田県の宿 ▽

秋田県 > 【秋田】

秋田>【田沢湖・角館・大曲】
秋田>【十和田・大館・鹿角】
秋田県 > 【白神・男鹿】

秋田県 > 【横手・鳥海】

▽ 青森県の宿 ▽

青森県 > 【青森】

青森県 > 【弘前】

青森県 > 【十和田湖】

青森県 > 【八戸】

青森県 > 【下北・三沢】

青森県 > 【津軽西海岸】

青森県 > 【津軽半島】

 2012年 10月 私たちの釣り情報!(目指せ40UP)!
2012年10月、久々の相馬港 久々の相馬港 2012年10月、久々の相馬港 久々の相馬港 2012年10月、久々の相馬港
久々の相馬港
只今、相馬港の有漁船、漁船の操業は、 海洋汚染のため、自主規制となっております。

 2010年 10月 私たちの釣り情報!(目指せ40UP)!

2010年10月、イナダ・70a イナダ・70a 2010年10月、イナダ・70a イナダ・70a 2010年10月、イナダ・70a イナダ・70a 2010年10月、イナダ・70a イナダ・70a 2010年10月、イナダ・70a
イナダのお刺身
イナダのお刺身です。 続く

 2009年 10月 私たちの釣り情報!(目指せ40UP)!

2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、生イクラの作り方 生イクラの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、生イクラの作り方
生イクラ・加熱処理なし

今回のはらこ飯は、幾分本格的なものに挑戦しました。 もちろん新鮮なお魚を使います、

もちろんですが、腹子は、メスにしか入っておりません。新鮮なメスを、調達しましょう。

のどから、包丁を入れ、先端を、身の方に入れてから、ズズ〜〜と、入れて、腹のお肉を 切り分けます。これは、腹子に注意して、切り裂かねば、なりません。

腹子は、一匹に、二腹、あります、70aクラスのお魚では、大きいどんぶり半分くらいです。 手を、のど元に入れてやって、腹子の先端部分から、丁寧に取り外します。この時、慎重に しないと、腹子が、ばらばらになるので、丁寧な作業が必要です。

次に、用意するものですが、焼肉の焼き網・魚の焼き網とボールを用意してください。 焼き網は、ボールの上に、置きます。その上に、腹子を乗せて、しごいてやります。 ある程度は、順調に行くのですが、最後のほうは、意外にうまく取れません。

最後は、腹子を覆っている、袋を持ち上げ、しごいてやると良いでしょう。 ちょうど、マヨネーズを搾り出すような感じとでも言いましょうか、ま、 そんな感じで、腹子をとりほぐしましょう。

ボールの中は、一見きれいな腹子でいっぱいになります。が、実は、カスがいっぱいあるのです。 今回は、その腹子のカスを、加熱処理(ぬるま湯)をしないで、冷水で、丁寧に 水洗いして、腹子周りのカスを取り除きます。(これが結構時間が掛かります)

でも、冷水で処理した腹子の表面の弾力?が、弱く、食感が、ぜんぜん違います。 その、ばらばらになった、腹子を、ちょっと高級な、おいしいつゆの素に、浸しておきます。 これで、イクラの完成です。

つゆは、あんまり、ダシがきつくなく、ちょっと塩加減の多いものがよろしいようです。 3本比べましたが、追い鰹のつゆの素がよろしいようでした。


2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 最高級・腹子めしの作り方 2009年10月、生イクラの作り方
生イクラ・加熱処理なし

さて、次に、腹子の腹(身)のほうですが、既製品の、腹子めしを食べると、分かると 思いますが、結構大きい身が、どんぶりいっぱいに、敷き詰められています。 では、その身を、作りましょう、

お魚さんを、三枚に捌くのですが、その前に、浮き袋や、血合いを、取り除きます。 血合いの大きさも半端でなく、人指し指で、大部分は、簡単に取れます。

三枚に、捌いた、身を、肩の方からあばら骨だけを取り外すと、大きな身が 取れます。これを、ちょうど御刺身にするように、切り分けるのです。

その前に、やっておく事がありました。身の肩にあたる部分に、骨があります。 この骨を、大きな、毛抜きで、一本づつ丁寧に取り除きましょう。これがあると、 食感が極端に悪くなって、安心して食べる事の出来ない腹子めしになり、最悪の状態に なってしまいます。

鍋に、だし汁を入れ、倍の水で薄め、煮だします。お魚は、熱いお湯から入れないと、生臭くなるので ご注意下さい。御刺身状態の魚を、一気に入れて、3分ほど煮つけます。これで、腹(身)の完成です。 一度冷やすと、身の中にまで、味がしみこみ、さらにおいしくなります。

これで、見た目も、イクラの食感も、腹(身)の食感も完璧な腹子めしの 完成です、ちょっとこだわるだけで、こんなおいしい腹子飯が、作れます。がんばりましょう。


2009年10月、白子のお料理 大きい魚は90a 2009年10月、白子のお料理 顔つきもすごい 2009年10月、最高級・腹子めしの作り方 白子のお吸い物 2009年10月、田園の・腹子めし・見本 田園の腹子めし・1575円 2009年10月、白子のお料理
白子のお料理

さて、次に、白子のお料理のほうですが、白子もお店で売っている品物です。 買って食べるくらいですから、新鮮なお魚なら、作っておいしく頂きましょう。

白子ですが、もちろんオスのおなかの中にあります。内臓の上の所に、二本並んであります。 これも丁寧に、取り外します。丁寧にしないと、途中で、袋から白子が、もれてしまいます。

とった、白子を、包丁で、約2センチ間隔で、切り分けます、 沸騰した、お湯で、切った白子を煮詰めます。時間はさほど要りませんが、熱いお湯で 煮詰めるのがポイントです。

小鉢に3個くらい小分けにして、めんつゆで味付けします。白子の湯豆腐?の完成です。 また、それを、めんつゆで味付けした、お吸い物の中に入れれば、白子のお吸い物の完成です。 腹子めしと同時に味わってください。腹子フルコースの完成です。

ちなみに、田園では、白子の小鉢が、付いていました。


 2008年10月 私たちの釣り情報!(目指せ40UP)

キングサーモン・オス メジャーは、いらなかった? マイ・ヘッドランプ ヘッドランプは必需品 キングサーモン・オス サーモン専用のうろこ取り キングサーモン・オス 血合いもでかい キングサーモン・オス 更紗で血合い取り完了 キングサーモン・オス 頭を卸してから三枚卸 キングサーモン・オス プリプリのキングサーモン キングサーモン・オス すごい量の焼き魚・出来上がり
2008年10月26日
ぼうずなのにこの写真?
最初に宣言・本日はぼうずでした。
なのにこんな釣ったような写真? なんで、ぼうずなのにこんな写真を掲載するんだ・・・だって今日は思わぬハプニング大賞が ありました。

本日は、気合を入れて釣果に望みました、早朝5時には釣具屋さんに到着しました。 が、外は暗く釣りポイントにも安全にいけない状態です。荷物を持って、ポイントに行くとき重宝しました、 ヘッドランプ・荷物を準備するとき、両手に荷物を持って移動するとき、自分の気になる方向に自動的に 明かりが向くのです。視界の50lが明るくなっている感じです。

釣りポイントには、もう釣り客がいます、暗い中もくもくと作業をしながら、 今か今かと日の出を待ちわびているようでした。 5時50分日の出です、空は曇っているのですが、明るくなってきて、仕掛けが見えます。 みんなが、釣り開始しました、早速大きなキングサーモンが、かかっていました、本日の釣果はいいのかな?

と思っていたのですが、次が続きません、ご近所10人はノーフィッシュです。 あっと言う間に時間が過ぎていきます、そんな中、少し沖で、作業をしていた小さな船が、堤防に近づいて 来ました、なにやらアミ・あみ・と言っています。

釣りをしていた近くの方が、タモ網を差し出すと、そのアミめがけて。大きなキングサーモンを 投げ入れました、もう堤防はパニックです、もう釣りどころではありません。みんなおきなタモ網を持参に 小船に向かって一目散、小船の周りは、タモ網で囲まれています。

私の周りを見渡すと釣りをしている人は誰もいません。みんな小船の周りに行ってしまったようです、 次の瞬間気づくと私のタモ網も小船の近くにありました、タモ網を遠くから差し出していた方は。タモの柄 がボッキと折れたり船の周りには小さな出来事がたくさんありました。

私は、一匹もらって大満足・ありがとう御座います。と小船の方に告げました。

次の瞬間・「いで〜」と大声でさわぐおっちゃんがいました。「タモ網アダッタ」どうやら、タモ網の柄 が、そのおっちゃんの頭に当たったようです、当てた人は、ごめんなさいと言っていました。 険悪なムードでしたが、おっちゃんの足元を見ると、3匹のキングサーモン

それを見た私は思わず「そんなにオカワリしたの」「へ・へ・へ・3匹もオカワリしちゃった・・・」だって 険悪なムードは吹き飛び、和やかな空気が流れました、しかし、あの状況で3匹もオカワリまでするとは、 すごい・・・。

写真は、そのときにもらったキングサーモンです。身がおいしいオスなので、焼き魚用にさばきました。 一匹のキングサーモンでもこんなに大量の焼き魚が出来ました。本日は、釣り氏の自信もプライドも何も無い 釣り体験でした。

キングサーモン・オス クリック・大きな写真 クリック・大きな写真 クリック・大きな写真 クリック・大きな写真 クリック・大きな写真 クリック・大きな写真
2008年10月25日(強風)
決まった・・・。
前回の反省が見事に決まった。前回の釣行で、竿がのされた感じになって、その上 針かかりが、浅くて、見事に何も出来ない状態で、逃がしてしまった。大きなキングサーモン 今回は、ドラグ調整もがっちり決めて、その上針がかりも見事に決まった。

釣り場は、強風の向かい風、とても釣りに適した条件とは言えないが、みな夢の大きなキングサーモンに 向けて、黙々と、釣りをしている。その一番はしに混ぜてもらった。おはようございます・・・。

釣り道具をかき混ぜ、仕掛けをセットする。その上でドラグ調整をした。調整の仕方は、人それぞれ 違うだろうが、重い荷物に仕掛けをからませ、両手で、竿を引き上げる、これ以上引いたら竿が折れるだろう と思われるところで、ドラグ調整セットする。それが、自分の腕と、竿の限界の引き上げポイントである。

ドラグ調整も完了したので、すかさず餌をつけて第一投目、何事も無く餌を回収、第二投目に、それが来た ピコン・ピコンと浮きが沈む、そら来た・・・、前回の反省のうちの針がかり・3回ほど大きくフッキング これで、針がかりに関しては心配ない・・・。

大きな、魚をかけた、道糸がうなる・・・ビューン・ビュウーン・と同時に、ドラグも聞き始める、 ジジジ・・・。ジジジ・・・。おおすごい完璧です・・・。これで取り込めないわけが御座いません。 自信満タンに隣の方にタモ網すくいを依頼しました。

第二投目に来たキングサーモンは、オスでした。でもこれほど完璧に引き上げ完了したことに満足でした。 この調子で、次・次・釣るぞと思ったのもつかの間・風が強風に変身しまともに仕掛けをコントロール することも困難な状態になり・ポイント移動・・・。

こちらのポイントも、強風の影響で、うねりがすごい状態です、釣り人の皆さんもあまりいません、 釣れないはずが無い・・・と思い、仕掛けを投げます。ビューン・なかなか気持ちはいいのですが、 向かい風の影響でどこに飛んでいくのか分からない状態です、10投くらい投げたでしょうか、小さな アジと、子さばが、釣れました。

アジがたくさん釣れれば良いかなと思い、アジを確保・・・しかし後が続きません。 30分ほどたったころ、それは来ました。大サバの襲来です。 40aの大サバがいたるところにいます。一匹でもかかればすごい引きが味わえます。

30分ほど続きましたが、その後は沈黙・・・時間にして1時〜1時30分くらいでしょうか? 夢の時間が過ぎたので、早退散・大サバだけ10匹を持ち帰りました。

クリック・拡大写真 取り込み成功だったら・こんな写真で・・・紹介していたはず・・・ クリック・リンク 良く切れる195mmの出刃包丁 クリック・拡大写真 サーモン用に買ったうろこ取り
2008年10月19日、
逃がした魚は大きい・・・。
大きな、キングサーモンのヒットがありました。 何回か、サーモンを体験しているので、今回もいただきだ・・・。 自信を持って、となりの方にタモ入れを依頼した次の瞬間・・・。

大きなキングサーモンは、とても元気になり、沖へ向かって一直線に走り始めました。 軽い仕掛けが好きな私は、軽くいなしてやろうと思っていたのですが、いつまでたっても 元気な走りは収まりません。

あれ、あれ、と思っているうちに、3号の磯竿は、のの字からへの字になってしまい、 ついでに、針掛りが、甘かったのでしょう、15bくらい走ったところで、針が外れて しまいました。

さすが70aを超える魚・・・なめてかかってはいけません。 ドラグ調整もちゃんとしないと、取り込めません。

大きなタモ網・ドラグ調整・基本的なことですが、忘れてはいけない、良い経験を させて頂きました。

クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 クリック・拡大写真
2008年10月11日、
キングサーモン・71a・メス
今年も釣れました。キングサーモン・71センチ・メスです。 腹子飯にありつけました。自然の恵みに感謝です。

今年も、この季節がやってきました。待ちに待ったこの季節です。 一年の締めの時期。今年初のキングサーモンは、71aでした。

早速、台所に行って、さばいてみました。とっておきの、ぷっちんプリンの 容器を試して見ました。なんと刃が立ちません。うろこがぜんぜん取れません。 仕方が無いので、包丁の刃で、ウロコを取りました。

ウロコを十分取ってから、腹を裂いて、腹子を取り出します。腹子は、二腹になっています、 ていねいに取り出しましょう、大きなボールに入れて、熱いポットのお湯を注ぎます。

腹子の間にある、幕をていねいに、取り除きます。きれいになったら、ざるでお湯を切って、 腹子のみにします。腹子に醤油を浸します。腹子が、いくらに変身します。いくらの醤油付けの 完成です。

身の方は、お刺身にします、三枚に切ったサーモンは、肩の近くに骨があります、大きな骨抜きで 骨をていねいに取り除きます。策になったお刺身を、刺身包丁で、上手に切りそろえましょう。 キングサーモンのお刺身の完成です。

残った半身を、お鍋に入れて、だし汁で煮込みます。余裕があれば、身をほぐしましょう、 骨は出来るだけ取り除いて下さい、今回は時間が無かったので、煮たお魚を、そのまんま、 乗っけちゃいました。

お替りは、もちろんイクラ飯・ご飯の上にご飯が見えなくなるくらいたっぷりとイクラを乗せた イクラ大盛り山盛りご飯で頂きました。

イクラはとってもやわらかく、お刺身は、とっても新鮮で、プリップリ・実に満足な食卓でした。

クリック・拡大写真 40aのイナダさん クリック・拡大写真 ウロコ取りは、プリンの容器 クリック・拡大写真 油が乗っておいしいお刺身 クリック・拡大写真 ツマや、大葉が無いと寂しい クリック・拡大写真 イナダ2匹で、家族4人OK クリック・拡大写真 クリック・拡大写真 使い込んだ、間切り包丁
2008年10月5日、
イナダ40センチ
イナダ40aを裁きました。 本日は、間切り包丁一本で裁いて見ました。 間切り包丁とは、小刀見たいな、漁師さんが、携帯している、ナイフです。 ロープを切ったり、お魚を裁いたりする万能包丁のことです。

最初にうろこを取ります。イナダには、小さなうろこがたくさんあります。 プリンの食べ終わった容器を使います。さかさまにして、魚に押し当て、しっぽから、頭に向かって、 ゴシゴシこすります。

うろこは、飛び散ることも無く、プリンの容器のふちに、付いてくれます。とても楽チンです。 背びれ付近、むなびれ付近は、重点的に、うろこを落としましょう。

さて、三枚に卸しましょう。背びれから、3ミリくらいのところから、包丁を入れます。 背骨をさがしてください。背骨に沿って、包丁を入れ、5ミリくらいずつ、ゆっくりと身をはがしていく感覚で、 真ん中から、尾に、次に頭に向かって裁きます。

三枚に卸したら、皮を剥ぎ取ります、尾っぽのところをしっかり持って、包丁を入れ、 2ミリくらい浮かせながら、包丁を左右に動かし、頭のほうに向かって、皮を剥がします。

次に、お刺身の柵にします。イナダは真ん中に骨があります、一気に骨のところを、切り取ってください。 身が少し小さくなりますが、骨が完全に無くなるので、子供でも安心して食せます。 (骨がひとつでも入っていると、安心して食せません)

大根のツマや、大葉(シソの葉っぱ)を用意して、4切れずつのお刺身にして盛り付けましょう。 この時期のイナダさんは、油が乗っていて、家族にもとっても喜ばれます。

我が家の、お刺身包丁、27センチ・サイズ

結構、使い込んだ、間切り包丁、お気に入りの証拠に、磨いています。


 2007年10月 私たちの釣り情報!(目指せ40UP)

77aのキングサーモン クリック詳細(リンク) オスと言われたが、実はメス 半身で夕食十分です。 腹子は、二腹あります。 寿司桶、大盛り腹子飯
2007年10月21日
77a・キングサーモン
奇跡みたいです。キングサーモンが釣れました。 近くのおじさんが、オスだオスだ・・・。 オスでもいいや、と自宅に持ち帰り、 そのまま、台所にボッターンと放置しておりました。 カミサンいわく、早く何とかしないと、ご飯作れない・・・。 何とかと言っても、腹子メシは、無理・・・。焼き魚用にでも切ってみっかな・・。

気の進まないまま、台所に立ち、裁きを言い渡す・・・。「お前さんはオスなので 切腹を言い渡す・・・遠山の金太郎・・・。」慎重にぎゅぎゅぎゅと腹を出刃で切り裂く、 そういえば、スーパーで白子も売ってたっけな、どんな料理出来るんだろう?そんなことを考えながら 地道に白子を取り出そうと作業を進めた・・・。

白子の状態ってどんなもんだろう背中にくっついているんだろうか? 腹の方にあるのかな?約1aほど切り込んだときうっすらと見えたピンク色? 何だ?あ・・・・・。イクラだ・・・。目の前が急に明るくなってスポットライトの中には 黄金に輝くイクラの大群・・。メスだメス・・・。

すぐさま社長に連絡・・・。「今日釣ったのメスだった・・。」メスと分かった途端、やる気全快。 30分で腹子飯を作るぞ作戦開始・・・。まずは嫁さんにだし汁のご飯を炊いてもらいます。 魚の方は頭を卸し、三枚に切り分け、身のほうを少し濃い目のだし汁で煮込みます。 その間に、イクラの方を作ります。

イクラは、ボールにとって、お湯でイクラをほどきます。 一時期、イクラは白くなりますが心配いりません。 熱いお湯をボールに入れて、箸でかき回すとイクラの皮とイクラ本体がきれいにほどけ落ちます。

皮がほどけたところで、何回か水を取り替えます。 水がきれいになったところで、水を切り、イクラに醤油をたっぷりと浸します。 あらら不思議・簡単イクラの醤油付け完成です。

先ほどから煮込んでいる身のほうを、箸で皮からはがします。 少し大きめのほうがいいでしょう、 ご飯が出来上がったら、魚の身を混ぜ合わせ、上にイクラを乗せれば、 腹子飯の完成です。今回は、寿司桶に全員の分を作りました。

一人前を作って、イクラをチラシ、細切りのりをちりばめれば良かったのですが、 時間がなくて、見栄えの悪い写真でごめんなさい。
味は最高、海釣りばんざ〜い

2007年10月14日
大爆釣・いしもち・石持・イシモチ
先週に変わり、今週は、いしもち・だらけです。 この時期、なぜか値段の高いいしもちが、こんなにたくさん、 釣れました。(焼き魚最高・・・。)
ちょっと小さくて、数える気持ちになれなくて何匹いるのか分かりません、 また、今回の、社長さん、隊長さんの、釣果は、 目を見張るものがありました。

団体で、行動しているイシモチ・とは、分かっていても、 隊長の仕掛けた3本の竿が左から順番にちりちりリーン・と、鳴り響きます。 これも・これも・これも・・・。あまりにも見事な鈴の音に一同きょとん・・・。 3人でいっせいに引き上げます。すると3本の竿に、(仕掛けの針は6本) イシモチさんが5匹・同時にあがってきました。ダブル・ダブル・シングル・・・

しばらくすると、今度は社長・・・「たのもーーー。」 え・・・タモをもってダッシュ 「何つれたの?」 「何かわかんないけど、たぶんカレイだ。」・・・ カレイ?上がってきた魚体を見ると40a以上の白いカレイ おお・・でかい・・

ばしゃ・ばしゃ・と海面であばれるカレイ・・ 足場が良くないので慎重にタモ入れ「入った・・・」 タモを近くに引き寄せ確認、するとかなり大きな尾びれ・・ ん・・待てよ・・ひっくり返してまたびっくり 「ヒラメだーーー。」 社長・初の45aのヒラメ・ゲットでした。

2007年10月7日
大爆釣・カンパチ3匹・イナダ23匹
カンパチ・イナダが、大爆釣でした。
総重量20キロの重さになり、帰りはぜいぜい・・・。 久々の、贅沢な疲労を味わいました。 魚の状態は、最大40a最小で35a全体で、26匹の釣果で 打ち切り、帰ってきました。・・・12時30分・・・。

7時30分それは着ました。周りのみんなが爆釣状態、 サビキからルアーまでいっせいに掛かり始めました。 投げれば一匹掛かる状態です。もちろん当たりジグにも大ヒット、 調子の良いときには、2匹まとめて掛かって来ます。 下のジグにはカンパチが・・・、上のサビキにはイナダが・・。 ダブルヒットで固めのルアーロッドは半月状態です。

サビキのハリスはぶちぶち切られ、つないでは、また投げて、 すぐにヒット・・・、引き上げては、サビキの針を確認・・・。 するとサビキの針が伸びきっています。ペンチで修正・・・。 すぐに投入するとまたヒット・・・。40aクラスのイナダ・ カンパチが釣れてきます。イナダとカンパチの引きはぜんぜん違うと言いますが、 このクラスのイナダの引きも半端じゃないと思うのは 私だけでしょうか?

1匹釣れればスカリを持ち上げ、 2匹釣れればスカリに投入・・・。 そのスカリの重さも半端ではなくなってきてスカリの魚も20匹オーバー・・・。 あっという間にスカリのロープも食い込むようになり、手が痛い、 そろそろ引き時かな・・・。12時30分。

スカリからソフトクーラーに入れ替えれば、ボックスが満杯です。 (やったね・・・) 持ち上げた時またびっくり・・・・おお重い・・・。 本日は一人釣行のため軽装備、台車などの持ち合わせがありません。 そうです荷物を背負った状態で車まで帰らなければなりません。ヒエー・・・。

車にたどり着いたときはヘロヘロ状態、近くの釣具屋さんで 氷を調達100円也・・。そのまま魚屋さんに変身し 帰りの途中に配達です。毎度魚屋です。イナダはイランかね〜・・・。

自宅に到着してもノンビリ出来ません。社長・隊長に報告です。 毎度魚屋です。イナダはイランかね〜   その後・カンパチ・イナダ・5匹を刺身にして食しました。 すごく新鮮・ぷりぷり状態でした。満腹デース。






サイトマップ!


【HOME】

10月 釣り.COM(宮城・福島)

【VOL.1】 今月の目標(大物・大漁)
【VOL.2】 私たちの釣り情報
【VOL.3】 目標にしたい釣り情報
【VOL.4】 みんなの釣り情報(投稿写真)

投稿写真大募集!(状況なども添付してね)(^_^;)


サイトマップ!







今週の天気予報
ニュース
 出刃包丁(楽天)
一般向【重勝】火造鍛造和包丁 出刃180mm
■ 詳細は こちら(楽天)
 柳刃包丁270mm (楽天)
柳刃包丁は、長い商品が良い、お刺身を、一回で、スーと切ると、 歯ざわりが、大きく違います、手作りのお刺身は、食感が、大事・・・。 240mmの柳刃包丁は、ちょっと短い。270mmのお刺身包丁は、大満足・・・。
■ 詳細は こちら(楽天)
 柳刃包丁300mm (楽天)
和包丁は値段が高い、特に柳刃包丁は、すごい値段がする。300mmの柳刃包丁が、 5000円台?これはお得です。
■ 詳細は こちら(楽天)
 柳刃包丁270mm (楽天)
和包丁は値段が高い、特に柳刃包丁は、すごい値段がする。270mmの柳刃包丁が、 3000円台?これはお得です。(私も持っています)
■ 詳細は こちら(楽天)
気になる釣果(お勧めサイト)
芋煮会・場所
ビール工場
ホームセンター
D2白石・大河原
ホーマック柴田・角田
ダイユーエイト大河原・亘理
コメリ柴田・蔵王
食料品
芋煮会・レシピ
宮城県中山町観光協会
宮城県CAN
山形県中山町観光協会
ヒラマサ・カゴ釣り
ヒラマサ・釣りの心得は、普通の魚なら、ドラグを効かせて、魚が弱るのを待って取り込むのですが、 ヒラマサに関しては、そんな余裕はありません、ちょっと気を抜くと、すぐ、根にもぐられてしまいます。 そうです、ドラグを利用している時間はありません、力ずくで取り込まないと逃げられます。 力ずくでも耐えられる立派な竿が必要です。
ヒラマサ・釣りは、大きなオキアミを餌に使います。荒めの大きなカゴが必要です。
バナー作成









Copyright(C)2006 All right reserved.